しあわせ貯蓄生産計画

明るい未来の為に貯蓄を頑張るブログ

脱カフェイン中毒!カフェインレス生活を始めたら体にもお財布にも良かった話


スポンサードリンク

f:id:okinoren:20191101164244j:plain


私はコーヒーが大好きで1日に3〜4杯飲むのが当たり前の生活を送っていました。

ですが現在はカフェインレス生活を実行しており、3日に1杯程度に収まっています。

その結果、以前よりも体が軽く、集中力も維持できるようになったのです!

今回はそんなカフェインレス生活のメリットを詳しく書いていこうと思います。

 

 

カフェインレス生活を始めようと思ったきっかけ

きっかけは、体の疲れが抜けなくなったことです。

私はある時仕事がとても忙しく、集中するために毎日のコーヒーに加えてエナジードリンクも頻繁に飲んでいました。

 

エナジードリンクも大量にカフェインが含まれているので…1日にとんでもない量のカフェインを摂取してたんですね…今思うととても恐ろしいです。

 

そしていざ仕事の締め切りが終わり、ほっとひと段落。

まずは疲れを癒そうと、たっぷり休息を取りました。

 

が、めいっぱい寝たのに全く疲れが取れず…。

いつもならたくさん寝れば元通りなのにこれはどういうことだ?!と首を傾げていました。

そんな私の様子を見て知人が一言。

 

「もしかして内臓疲労なのでは?」

 

体に負担のかかる食べ物や飲み物を取りすぎていないか?と尋ねられました。

思い当たる節があるとすればやはりカフェイン飲料です。

 

コーヒーやエナジードリンクだけでなく、緑茶や紅茶なども飲んでいました。

水以外の飲み物は全てカフェイン飲料だったかもしれない。

調べてみるとカフェインの摂りすぎはやはり体に良くないということがわかり、カフェインレス生活に切り替えることを決意したのです。

 

 

カフェイン中毒の主な症状

実際にカフェイン中毒になるとどんな症状が現れるのか調べてみました。

まず定期的に毎日摂取しないといられなくなりカフェインが切れると、

  • 眠気
  • 倦怠感
  • 集中力の低下
  • イライラ
  • ストレス

などの症状が起きます。そして更に中毒が進み、重症になると、

  • 吐き気、嘔吐

  • 手足のしびれ

  • 動悸

  • 悪寒

  • 意識消失

  • 心肺停止

心肺停止って!本当かよ!?

って思うのですが、実際にカフェイン中毒が原因で死に至った人もいるらしいのです。

怖いですね…。

 

 

カフェインレス生活のやり方と注意事項

実際にカフェイン断ちするためには2つ方法があります。

 

  1. きっぱりと止めて、1滴も飲まない。
  2. 少しずつ飲む量を減らしていく。

 

体に負担をかけず無理なく止められるのはやはり「少しずつ飲む量を減らしていく」です。

まずは1日1杯にし、慣れてきたら2日に1杯、3日に1杯、一週間に1杯…と少しずつ減らす方法です。

しかし当時の私はよっぽど危機感があったのか、いきなり一切のカフェインを断つ方を選んでしまいました。

いきなり止められる人はそれでもいいのですが、大抵の人はいきなり止めると離脱症状が起きるのでオススメしません;

実際に私も離脱症状が起きてしまい、つらかったです…。

 

離脱症状について

離脱症状とは、カフェインが抜けることによって起こる反動のようなもので、主に下記のような症状が現れます。

 

  • 頭痛
  • 眠気
  • 集中力の減退
  • 疲労
  • 倦怠感
  • 不安、抑うつ
  • 運動遂行能力の低下
  • 吐き気
  • 関節痛や筋肉痛
  • 腰痛

 

一番起こりうる症状は頭痛です。

カフェインを止めて2日後〜4日後に起き、2〜3日で消失します。

ちなみに私は頭痛は全然なくて、ひどい疲労感と倦怠感、そしてなぜか腰痛が酷かったです;

 

 

カフェインレス生活開始

では私の実際のカフェインレス生活について綴ります。

1日目

コーヒーの代わりに水や麦茶を飲み始める。

特に体の変化はなし。

 

2日目

早くもコーヒーが恋しくなり、カフェインレスコーヒーを買ってきて飲む。

正直そんなに美味しくないが、ないよりはだいぶマシ。

特に体の変化はなし。

 

3日目

軽く眠気や倦怠感に襲われ始めるがそこまでひどくない。

一番来るぞ怖いぞと言われていた頭痛もなし。

「な〜んだ、離脱症状たいしたことないじゃん!」とすっかり余裕ぶっこく。

 

4日目

朝起きてから突然腰痛が始まり焦る。

腰痛というか腰が重だるい感じ。

風邪を引いた時の筋肉痛や関節痛の重だるさに似ている。

加えて昨日とは比べものにならない程の眠気、倦怠感、集中力の低下に襲われ、仕事が手につかなくなる。

ちょうど集中しなければならない仕事が入ってきていたので、たまらずコーヒーを1杯飲む。

すると、途端に腰痛が消え、体が軽くなり、集中できるように!

カフェインパワーすごい!と思うと同時に、

私の体は相当カフェイン依存していたんだな…と知り、ゾッとする。

 

5日目

昨日に引き続き、やはり体の調子が良くない。

いきなり止めるのは得策ではないと知り、まずは1日1杯から始めることに。

コーヒーを1杯飲むとやはり集中力が上がるのを実感できる。

 

現在

少しずつ減らしていき、現在は3日に1杯くらいに収まっています。

離脱症状も今はすっかりありません。

このまま順調に減らしていき、最終的には1杯も飲まずに生活できるようにしていく予定です。

 

 

カフェインレス生活を始めて良かった変化

体の変化

まず体の変化は、

  • 集中できるようになった
  • 日中の眠気が減った
  • 目覚めが良くなった
  • 寝つきも良くなった
  • 倦怠感がなくなった
  • PMSが軽くなった

 

最初こそ辛かったですが、慣れてくるとコーヒーを飲まなくても集中できたり眠気がこなかったりするんです!夜もしっかり眠れる!

ということは、

カフェインがなくても人は十分なパフォーマンスを発揮できる

ということです!

 

今まで「コーヒーがないと何もできない」と思っていたのはただの依存であり、思い込みだったわけですね…。

 

そして女性には嬉しいPMSが軽くなるというのも大きな収穫です!

このPMSというやつは本当に厄介なので…。

一週間〜10日間くらい眠気やだる気、イライラに悩まされますからね。

それがちょっと軽くなるだけで日常生活が平和に過ごせます♫

人によってはPMSだけでなく、生理痛も軽くなるという人もいるようですよ。

 

節約に繋がる

これもとても嬉しい現象!

今までは月に2回もコーヒー豆を買ったり、コンビニコーヒーをつい買ってしまったりしていたのですが、それがなくなるだけでかなり節約できます。

 

 

まとめ

カフェインレス生活は私にとってはメリットだらけでした!

辛いのは最初だけで慣れてくれば毎日カフェイン飲料飲まなくても全然日常生活送れます。

悩まされていた「疲れが取れない」ということもなくなりました。

しっかり寝れば次の日にはシャキッとしています。

節約に繋がるのも節約主婦としては嬉しい限りです。

カフェイン依存に悩んでいる方はぜひ少しずつでもいいから減らすことをオススメします。

きっと今までとは違う自分に出会えるはずですよ♪

 

おまけ

カフェインレスコーヒーですが、どうしても美味しくないものが多いのですが、一つだけ美味しいものに出会いました。それが、

 

スタバのデカフェコーヒー

 

さすがは天下のスタバ…デカフェなのに味がしっかりしていて美味しい!

お店で注文もできますが、コーヒー豆も売っています。

お店で1杯買うと高いですが、豆を買ってうちで入れる分にはそんなにお金もかからないのでオススメします。

とは言え、デカフェだからと調子に乗って毎日がぶ飲みしていたら結局節約はできませんので、ほどほどに;